1. HOME
  2. スキル
  3. ディレクション(ライター)

ディレクション(ライター)

こんなお悩みに!
  1. SEO対策のための記事を増やしたい
  2. 記事構成の作り方から見直したい
  3. SEO対策のための分析をする人材がほしい
  4. 企画・構成・ライター管理をできる人材がほしい
  5. ちょっとした編集ができるディレクターが欲しい
  6. SEO対策を意識したネタ出し・企画をしたい
  7. アイキャッチを作ってほしい

ディレクション(ライター)について

Googleの勢いが増している現在で生き残るWEBマガジンやサイトを制作するためには、SEO対策を意識せざるえない状態になっています。

しかし、ただ記事を執筆・増量するだけではSEO対策として優れた記事は生まれにくいものです。

せりぽよでは、初心者ライターに依頼する場合でもSEO対策記事を執筆してもらいやすい、SEO対策に注力したディレクションを行っております。

ディレクションを行う上で意識しているのは、執筆してもらう記事がユーザーのためになる情報が掲載されているかということです。SEO対策はGoogleが「よりユーザーのためになる品質の高い情報を上位表示するアルゴリズムの対策」であるため、ただ原稿執筆を行うだけではSEO対策としては不十分になりやすいです。

ライターのディレクションを行う際には、そのメディア自体が「なんのために情報発信をしているのか?」という点から分析して、ネタ出しや企画・構成を行います。具体的には、以下のようなマインドマップを作成することで、ある程度目視できる状態まで落とし込みます。

目的やターゲット層を明確にした上で、メディア自体が取り上げたいジャンルの中で、どのようなキーワードが「より多くの方に読まれる可能性があるのか」を分析します。利用するのはキーワードプランナーや共起語サジェストツール、Googleトレンドなどが主です。

キーワードを確定させた上で、競合分析や検索意図分析、ペルソナ分析に入ります。Googleはユーザーの利便性を第一に考えているため、ユーザーに焦点を絞ることが重要であると考えています。

また、競合分析を行うことで、執筆依頼をしたい記事が重複コンテンツにならないかどうかを把握し、構成作成に活かします。重複コンテンツはユーザーの利便性向上にはつながらないため、競合記事が掲載していないコンテンツも、競合分析の際に把握します。

競合分析やペルソナ分析、記事のゴール、検索意図、ニーズの明確化を行ったら、ようやく記事の構成を作成します。重複コンテンツにならないことを前提とした上で「専門性」「信頼性」「網羅性」のある記事となるように記事構成を組み立てていきます。

このように段階段階で細かい分析をしてから記事構成を組み立てることで、初心者ライターに依頼する場合でも、質の高いSEO対策記事を執筆してもらいやすくしています。

また、ライター管理等もSlackやChatworkなどを使ってコミュニケーションを意識することを意識しています。よく初稿納品後にチェックして修正点だけ伝える方がいますが、どうせならライターのモチベーションを上げるため、初稿でよかった点などを挙げた上で修正を依頼することを意識しています。

対応可能業務一覧

  • メディア運営の目的分析
  • ターゲット層の大枠把握
  • キーワード提案
  • 記事企画提案
  • 競合分析
  • ペルソナ・検索意図・ニーズ分析
  • 記事のゴール策定
  • SEO対策を意識した記事構成作成
  • 編集
  • 依頼・ライター管理
  • アイキャッチ作成
スキル名
ディレクション(ライター)
ディレクション費
要お見積り
スキル一覧